ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

魔物たちを統べるスライム『転生したらスライムだった件』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、鷹野凌です。今回は月刊少年シリウスで連載中の漫画『転生したらスライムだった件』 、通称「転スラ」をレビューします。原作小説は「小説家になろう」での連載で、著者は伏瀬(ふせ)さん。全編無料公開されたまま、マイクロマガジン社のGCノベルズから商業出版されています。キャラクターデザインはみっつばーさんです。

月刊少年シリウス連載のコミカライズ版は川上泰樹さんの作画で、本稿執筆時点で9巻まで刊行されています。漫画は他にも、マイクロマガジン社から『転生したらスライムだった件 魔物の国の歩き方』、講談社から『転スラ日記 転生したらスライムだった件』と、公式スピンオフが展開されています。TVアニメも放送中です。

タイトル通り、ファンタジー世界に転生する物語なのですが、人間としてではなく、一般的に最弱の部類に入るモンスターであるスライムになってしまった点がユニークな作品です。

■ 小説家になろう版「転生したらスライムだった件」

■ GCノベルズ『転生したらスライムだった件』特設サイト

■ 月刊少年シリウス『転生したらスライムだった件』公式ページ

■ TVアニメ「転生したらスライムだった件」公式サイト

コミカライズ版『転生したらスライムだった件』

『転生したらスライムだった件』

『転生したらスライムだった件』 第1~9巻 伏瀬・川上泰樹・みっつばー / 講談社

『転生したらスライムだった件』を試し読みする

スライムはスライムでも、ただのスライムではない

本作の主人公は三上悟(37)、独身。大手ゼネコン勤務のサラリーマン……という転生前の情報は、あまり意味がないでしょう。通り魔に襲われそうになった後輩をかばい、ブスッと刺された彼はあっけなく死んでしまいます。ところが意識を失う直前、ユニークスキル「捕食者」や「大賢者」を取得したというPCの自動音声のような声が、頭の中に響くのです。

真っ暗なところで目覚めた彼は、スライムに転生したことに気づきます。視覚、触覚、嗅覚、味覚がなく、触覚だけという状態にも関わらず、なんとなくこの世界に順応しているあたり、適応力が高い。頭(?)の中の声「大賢者」から、世界がなんらかの成長を認めた際、稀に獲得できるのが「能力(スキル)」と説明されるのですが、実はこの「稀に」というのが彼には当てはまりません。

ナビゲート役の「大賢者」スキルと、能力収奪の「捕食者」スキル

それは「捕食者」のスキルが、対象を捕食し解析することでそのスキルを取得できるという、非常に優れたものだったからです。そのため、一般的にスライムは最弱の部類に入るモンスターですが、彼はあっというまに強くなっていきます。

300年前勇者に封印された暴風龍ヴェルドラと偶然出会い、友だちになり「リムル」と名付けられ、封印を解析・解除するため、ヴェルドラも捕食してしまいます。ところが天災級のモンスターが消滅したことにより、世界の勢力バランスが大きく変わり……というのが、この物語の導入となります。

スライムに忠誠を誓うモンスターたち

見た目がぷるっとしたスライムなので絵面的にも愛嬌があるのですが、出会った他のモンスターたちからは「強キ者」と恐れられます。ヴェルドラの影響か、リムルは膨大な妖気を知らぬうちに発していたようです。スライムに忠誠を誓うゴブリンやオオカミ。このギャップがなんかおかしい。ある意味、下克上?

リムルはやがてモンスターたちを従え、勢力を拡大していくことになります。ただ、心優しいリムルは、仲間になった彼らに3つのルールを提示するのです。

  • 1つ 仲間内で争わない
  • 2つ 進化して強くなったからと言って他種族を見下さない
  • 3つ 人間を襲わない

このルールのもと、リムルたちはどんどん仲間を増やしていき……という、立身伝、立国伝が「転スラ」です。リムルが次々と獲得していくスキルを駆使して、強敵をやっつけていくという爽快なバトル漫画でもあります。それにしても「捕食者」のスキル、便利すぎる。

なお、巻末には、原作の伏瀬さんによる「ヴェルドラのスライム観察日記」という短編小説が毎巻載っています。ヴェルドラから見た、「転スラ」物語です。「天災級」と恐れられていたはずのヴェルドラの、お茶目な一面を知ることができます。これまた面白い。

『転生したらスライムだった件』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

梶裕貴さんへインタビュー「BookLive! Presents 教えてあなたの#キッカケマンガ」第4回
出版業界自ら有害図書排除を目指すいまこそ『有害都市』が読まれるべきだ|鷹野凌の漫画レビュー
運命に死で抗う『Re:ゼロから始める異世界生活』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
デジタルマンガ キャンパス・マッチ2015 BookLive賞発表!田中圭一が受賞者にインタビュー!
マンガで職業探訪 第2回「雑誌編集者」
メガネ男子がメガネを外して「豚の角煮」を作ったよ!|メガネ男子の漫画メシ 第5回