ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

#ハッシュ本 まとめ⑮書店員が選んだ「いちばん泣ける本」【三省堂書店×BookLive!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三省堂書店×BookLive! のTwitter企画「#ハッシュ本」! 第15回は11月後半のお題「#いちばん泣ける本」をまとめました。

今まで出会ってきた本の中で、「これは泣ける…」と思わず涙がこみ上げた作品はありますか? 「泣ける本」と言っても、悲しくて「泣ける本」や、感動のあまり嬉しくて「泣ける本」、悔しくて「泣ける本」など様々。今回は、書店員が出会った本の中で最も心が震えた、「いちばん泣ける本」をご紹介します。

また、参加していただいたユーザーの皆さんのツイートもご紹介します。

#ハッシュ本」とは:三省堂書店とBookLive! の書店員が、毎月のお題に対してオススメの本をつぶやいていくTwitter企画です。季節ネタから本屋さんならではのニッチなネタまで、いろんなお題にチャレンジ中!

#ハッシュ本」では、みなさんの参加も随時募集しています。12月のお題は「#今年の一冊」。参加の仕方は簡単!「#ハッシュ本」タグと「#今年の一冊」タグをつけて作品名をツイートするだけ! 皆さんのオススメ本も教えてくださいね!(12/31まで)

「友情」に「泣ける本」4冊

まず最初は、友情の尊さが涙を誘う本4冊。友人のために敵に立ち向かったり、友人のために努力をしたり、友人のために何かをしようとしたり、同じ時間を過ごした分だけ深くなる、大切な友との絆に胸が熱くなる作品をご紹介します。

「愛情」に「泣ける本」4冊

次は、人を愛する気持ちが胸を打つ4冊を紹介します。恋人への愛、片想い相手への愛、家族への愛、友だちへの愛……。愛の形は様々ですが、相手への深い愛が伝わる、切なくて泣ける作品たちです。

逆境に負けない、折れない心に「泣ける本」5冊

最後に紹介するのは、試練を乗り越える主人公たちの姿に感動の涙がこぼれる5冊。自分の夢のためにひたむきに努力する姿や、自分の運命に抗い立ち向かっていく姿に、つい応援したくなる作品たちです。

参加いただいた皆さんの #いちばん泣ける本 をご紹介!

#いちばん泣ける本」で呟かれた皆さんのおすすめ作品がこちら!たくさんのご参加ありがとうございました!

https://twitter.com/moon61226676/status/933206232403283968

(´;ω;‘){ 身近な問題として受け取れるだけに、色々考えさせられる作品ですよね。

(´;ω;‘){ 「鬼になれ」だなんて……相当な覚悟を感じますね。結末が気になります。

最後に

「悲しさ」だけではなく、大きく感情が揺さぶられた時に私たちは涙を流します。悲しさ、悔しさ、嬉しさなど、様々な感情を揺さぶる「泣ける本」を読んで、心のデトックスをしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

家に居るときゃ二頭身。『干物妹!うまるちゃん』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
『テニスの王子様』のスゴ技、プロに再現してもらいました【後編】
安心と信頼の兄妹ラブコメ『エロマンガ先生』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
超能力少女と頑固親父の物語『アリスと蔵六』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
武闘派天才少女作家『響 〜小説家になる方法〜』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
田中圭一×魔夜峰央先生インタビューこぼれ話|「わが生涯に一片のコマあり」第9回