ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

メガネ男子がメガネを外して「豚の角煮」を作ったよ!|メガネ男子の漫画メシ 第5回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

meganemeshi-dark-matter-000

お腹をペコリと空かせた読者の皆さま、こんにちは。

ぶくまる編集部員のメガネ男子・Tくんが、料理漫画のレシピを再現するシリーズ企画「メガネ男子の漫画メシ」。第5回は、メガネ男子ならではの料理を作ります! 身近にある材料で、こんなに美味しい料理ができるなんて……! と、ぶくまる編集部員一同も驚きを隠せませんでした。

さっそく調理スタート!

まずは豚バラブロックを用意し、フライパンで軽く焼き色をつけます。

meganemeshi-dark-matter-001

そのままで食べたいくらい、既に美味しそう!

 

次に、本連載の主人公であるメガネ男子・Tくんのメガネを外し、そっとテーブルに置きます。

meganemeshi-dark-matter-megane

アイドルの引退コンサートのような、一抹の寂しさを感じさせますね。

 

さて、ここからは煮込みです。少し深めの鍋に、醤油・酒・みりん・砂糖少々を、なんかいい感じに投入し、煮立ってきたら豚バラを投入します。

meganemeshi-dark-matter-003

 

そしてここからが最大のポイント!

メガネを外したメガネ男子のスマートフォンを、身近にある鈍器で割ります。

meganemeshi-dark-matter-004

すると……

おお、角煮がちょうどいい色合いになってきました!!!

meganemeshi-dark-matter-005

 

ちなみに、近くに鈍器がない場合は、ちょっといいなと思っている女性に、ヒールで踏みつけていただいても大丈夫です。
meganemeshi-dark-matter-006

そしてここからはひたすら煮込むだけ。とっても簡単です。
5時間ほど煮込んだところで、鍋から引き上げると……

meganemeshi-dark-matter-007

ダークマターの完成です!!!

 

まさか業務の一環で、世界の命運を変えてしまうかもしれない、こんな禍々しいものを生み出してしまうとは思いませんでした。メガネ男子がメガネを外してしまうと、イチゴが入っていないイチゴ大福のように、底知れぬ闇を抱えてしまうものなのですね。

後輩の行く末が末恐ろしいところではありますが、我々は今後も……―――

 

 

 

今朝出勤してきたTくん「ちょっと何やってるんですか、O編集長!!!!!」

この原稿を書いてたO編集長「あ、やべぇ、Tくん来ちゃった」

この原稿を読んだTくん「こ れ は ひ ど い」

O編集長「(。・ ω<)ゞ」

Tくん「しかしこのダークマターって、本当に編集S氏が目を離してやらかした奴ですよね

O編集長「そうそう、煮込んでいる間に、うっかり昼寝( ˘ω˘) してね! いやぁ、エイプリルフールも、ひとさじの真実を入れると、途端にリアリティが増すね!」

S氏「ふぇえええええん! いつもキッチン貸してるのにこの扱い……!!! 。゜:(つд⊂):゜。」

 

※そんなわけで、今日はエイプリルフール小ネタをお送りしました。次回からはまともに料理します。ちなみに今までの真面目な記事は↓こちら↓です。S氏のキッチンはとても綺麗です。

「メガネ男子の漫画メシ」バックナンバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

【世界史漫画地図つき】面白くて勉強にもなる世界史漫画13選
マンガ社会学入門【2】どう向き合うか?マンガで学ぶ「一億総介護時代」への覚悟
田中圭一が助野嘉昭先生の「一コマ」に直撃インタビュー!|「わが生涯に一片のコマあり」第12回
電子書籍で読める懐かし少年ジャンプ漫画【90年代前半編】
書店員が選ぶ「大長編ドラえもん」ランキング&見どころ紹介!
田中圭一がゆうきまさみ先生の「一コマ」に直撃インタビュー!|「わが生涯に一片のコマあり」第8回