ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

面白くて技術もメンタルも分かる!おすすめゴルフ漫画9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

golf-comic

ゴルフはいまや、子どもからOL、もちろんおじさんたちまで、老若男女が楽しむポピュラーなスポーツ。ゴルフを知ったきっかけが『プロゴルファー猿』や『あした天気になあれ』といったゴルフ漫画だったという方も多いはず。ゴルフがワクワクドキドキする面白いスポーツであることを、広く一般に知らしめた影響力のある名作です。

ただ、興味を持っていざ実践しようとしても「どうすれば上手くなるのかがイマイチ分からない」という方もいるのでは? そこで今回は、ゴルフのおもしろさを色々な切り口で取り上げながら、知識や技術、メンタルのコンディションまで、ゴルフに必要なことも学べるゴルフ漫画を、厳選して9作品ご紹介します。ゴルフ漫画の常道である真剣勝負を描いたものから、上達の過程を描いた成長ストーリーまで、あなた好みのゴルフ漫画を見つけてくださいね。

ド素人から「王様」を目指すゴルファーは、最狂のケンカ屋『KING GOLF』

KING GOLF(1)

『KING GOLF』 1~26巻 佐々木健・谷将貴 / 小学館

この漫画の主人公は、最凶最悪のケンカ屋・優木蒼甫(ゆうき そうすけ)。「プレデター」と呼ばれ周囲から恐れられている高校1年生です。そんな蒼甫ですが、興味を持ったらとことん努力し続ける、とんでもない集中力の持ち主! 通っている高校にゴルフ部を見つけ、即入部した蒼甫。周囲は戸惑いながらも、彼の意外にも真面目に取り組む姿勢と天才的な潜在能力に魅了されていきます。初めて出場した大会では大敗を喫しますが、そこからグングン成長。不正な試合をもちかける裏アマチュアとの勝負や、最長飛距離を競うドライビング・コンテストなど、さまざまな経験を経て、知識と技術を身につけていきます。

いくつもの困難が立ちはだかり、そのたびに努力して乗り越えていく蒼甫のストーリーは、まさに王道の少年漫画と言えるでしょう。不良だが華がある主人公の蒼甫、適当そうに見えて的確なゴルフ部顧問・谷川、ライバルの霞見ひかるをはじめ、行く先々で出会う強豪も多彩な顔ぶれ。ゴルフが学べるだけでなく、人間模様も熱く楽しませてくれる作品です。

漫画としても抜群の面白さですが、本作はツアープロコーチの谷将貴さんが監修しており、巻末では作中に出てきた練習法などが写真を使って解説されているので、楽しく読みながら知識をつけていくことができます。ゴルフを知りたいという方や、始めたばかりの方など、初心者にまずおすすめしたい作品です!

『KING GOLF』を試し読みする

連載期間は25年超!ゴルフ漫画の王道『風の大地』

風の大地(1)

『風の大地』 1~65巻 かざま鋭二・坂田信弘 / 小学館

プロゴルファーである坂田信弘先生が原作を担当する本作。主人公の沖田圭介は家庭の事情により京都大学を中退し、24歳という、ゴルフ界ではかなり遅い年齢でプロゴルファーを志します。

恵まれた体格を活かしてメジャートーナメントで活躍していく圭介。学んだことを振り返り、毎回ポエムのような内省で話を締めくくるのが特徴的です(これが結構深い!)。

パター1本でラウンドする話では、ティーアップすればパターでも飛ばせることや、ウェッジのないグリーンまわりは転がせずに遠回りすることなど、読んでいて「へぇ」と思うこともたくさん!

プロテストがかかったラウンドでは、コースレコードを意識した途端、スコアがボロボロに……。無邪気にゴルフを楽しんでいたそれまでとは一味違う、「楽しむことの尊さと難しさ」を感じます。全体を通して、「ゴルフ道とは何か」を考えさせられる作品です。

25年に及ぶ大長編連載でありながら、王道のゴルフ漫画として読者に熱く支持されており、圭介を取り巻く多彩なキャラクターも物語を飽きさせません。

この漫画は長い間登場する人物が少ないのだが、その代わり一人一人の個性をしっかり打ち出しているので、話が先に進んでも色褪せることなく記憶に残る。(BookLive! レビューより抜粋)

また、主人公の師として登場する、日本ゴルフ界の礎を築いた小針春芳をはじめ、ジャンボ尾崎やグレッグ・ノーマンとトーナメントで優勝を争ったりと、実在のプロゴルファーが登場するところもゴルフ好きにはたまらないはず! 初心者から経験者まで幅広く楽しめる作品です。

なお、ドライバーショットを中心に名場面を集めた『風の大地増刊号 ドライバー編』もおすすめ。坂田信弘先生の特別コラムも読みごたえがありますよ。

『風の大地』を試し読みする

刀鍛冶に秘められしゴルフの並外れた才能が開花する『インパクト』

インパクト 1

『インパクト』 1~68巻 坂田信弘・竜崎遼児 / パーゴルフ

本作も坂田信弘先生が原作を担当しています。主人公は流浪の研師(とぎし)・鳴海一丸(なるみ いちまる)、元刀鍛冶です。刀をたたく達人は、クラブでボールをたたくのも同じだと言い放ち、初めてのショット(6番アイアン)で練習ボールを縦割りにしてしまうほどのインパクトを披露。そして、運命の女・仙道桂(せんどう かつら)にゴルファーとしての可能性を見いだされますが……。

ゴルフに興味がなかった頑固者の一丸も、さまざまな出会いと経験を通じてゴルフの道を志していきます。それでも48巻くらいまで、刀鍛冶とプロゴルファーとの間で身の振り方を悩んでいます。なかなか長い道のりですが、それも一丸の歩みが丁寧に描かれているからこそ。特に、試合中のライバルとの精神的な駆け引きの描写が巧み! 会社や選手など、実在の名前がアレンジされて登場するところにもクスッとなってしまうはず。たまに出てくる、恋の駆け引きの行方もソワソワと気になります。

主人公の強さと、常に何が起こるかわからないワクワク感や期待感が魅力的な本作。描写が丁寧なだけに、1つの出来事が何巻かにまたがって展開され、『風の大地』と同様に60巻を超す長期連載作品ですが、ドキドキしながら読み進められるので、それほど長くは感じません。ゴルフ漫画をじっくり楽しみたい方に、ぜひおすすめです。

『インパクト』を試し読みする

『七つの大罪』の鈴木央先生が描くゴルフ漫画『ライジング インパクト』

ライジング インパクト 1

完結『ライジング インパクト』 全10巻 鈴木央 / 集英社

現在、アニメも話題となった『七つの大罪』を連載中の鈴木央先生が、かつて『週刊少年ジャンプ』で連載していたゴルフ漫画です。一度は打ち切られたものの、読者からの熱い要望で復活を遂げた「隠れた名作」でもあります。

主人公は、福島の山奥で祖父と暮らす小学生のガウェイン・七海(ななうみ)。野球で飛ばし屋になることを夢見ています。ところが、ある日、旅行中の女子プロゴルファー・西野霧亜(にしの きりあ)と出会い、野球の比ではない飛距離を体感した途端、ゴルフの魅力に取りつかれてしまいます。

その後、東京でランスロットや小泉祐美子といった良きライバルとなる人々と出会い、初めての大会で名コーチといわれるオルブライトからスカウトされ、ゴルフ学校へ進学することに。世界中の強豪との戦いを経て、プロゴルファーへと成長していきます。

特徴的なのは、天才的な才能を意味する「ギフト」の存在。ガウェインは、450ヤードも飛ばす「ライジングインパクト(太陽の光跡)」を持っており、ランスロットにはパッティングラインが見える「シャイニングロード(月の導き)」があります。それぞれのギフトが発揮される場面は、少年漫画らしい熱さもあって必見です。

ゴルフの楽しさだけではなく、「漫画らしいワクワクドキドキを味わいたい!」という方にぜひ読んでいただきたい作品です。

『ライジング インパクト』を試し読みする

ゴルフのチームプレー!?熱くて笑えるゴルフ漫画『黄金のラフ』

黄金のラフ(1)

完結『黄金のラフ』 全33巻 なかいま強 / 小学館

ゴルフは孤独なスポーツといわれ、仲間ができても試合に臨むのは自分ひとり。己との戦いが神髄です。本作は、全18ホールをバーディーで制覇することが夢という筋肉バカ・藤本草太(ふじもと そうた)と、コース戦略や芝目の読みが得意な太子治(たご おさむ)、知識豊富で理論派だけれどパワー不足な谷田部光一(やたべ こういち)という「勝てないプロゴルファー」の3人が、「チームきりたんぽ」として協力しながら上り詰めていくという、異色のゴルフ漫画です。

本作の魅力はなんといっても、個性豊かなキャラクターたち。草大、キャディとなった太子、スイングコーチとなった谷田部の軽妙な掛け合いには、ゴルフが「紳士のスポーツ」であることを忘れて噴き出してしまうこともしばしば。ストーリーがテンポ良く展開し、「こまけぇこたぁいいんだよ!!」とばかりに、グイグイ読み進んでしまいます。草太のバカっぽさに含まれるギャグ要素や熱血要素が絶妙で、笑いながらも熱くなれる作品です。

ちなみに『黄金のラフ』自体は全33巻で完結していますが、続編の『黄金のラフ2~草太の恋~』が現在連載中なので、まだまだ楽しめますよ!

『黄金のラフ』を試し読みする

ゴルフを知りたければメンタルを学べ!『ゴルフは気持ち』

ゴルフは気持ち 1

『ゴルフは気持ち』 1~14巻 いけうち誠一 / 日本文芸社

ゴルフ漫画といえば、知識や技術について学べるものも多いのですが、本作はメンタルの部分を中心に掘り下げている作品です。

ラウンド中に遭遇するさまざまなシチュエーションは、練習場とはまったく違うもの。そうであるが故に、本番のプレー中は誰もが緊張します。本作は、飛ばしたいと逸る気持ちがミスの要因になる、上達したかったら上手な人と回ることが効率的、というような、技術書には書かれていない「気持ちのテクニック」を知ることができるのです。

「知識や技術は学んできたつもりだけど、イマイチ上手くいかない」「大切な場面で失敗してしまう」といった方におすすめ。具体的なシチュエーションに合わせて細かく説明されているので、気になるケースごとにメンタルとプレーの相互作用がきちんと理解できますよ。「こんな時、どうしたらいい?」と思ったら、本作をぜひともどうぞ!

『ゴルフは気持ち』を試し読みする

プレーヤー必読!ゴルフ理論をマンガで分かりやすく!『マンガで分かる 筑波大学博士の新感覚ゴルフ理論』

 マンガで分かる 筑波大学博士の新感覚ゴルフ理論

完結『マンガで分かる 筑波大学博士の新感覚ゴルフ理論』 全1巻 安藤秀 / 学研

ゴルフ論文で筑波大学博士号をとった著者による、漫画で分かるゴルフ理論書です。本作では、「コンバインドプレーン」という新しいスイング理論を中心に解説されていて、今までに紹介してきた漫画とは異なり、実際にゴルフをやる方向けの専門的で実践的な内容となっています。

タイガー・ウッズなどの名プレーヤーの強さの秘密の話に始まり、基礎練習の方法なども詳細に図解されています。文字だけの説明だといまいちピンとこない型やニュアンスを絵で確認できるのが、本作の最大の魅力です。

文字の本ですが、『筑波大学で誕生したまったく新しいゴルフ理論』『筑波大学で誕生したまったく新しいゴルフ理論《完全マスター編》』を併せて読むと、いっそう理解が深まりますよ。

『マンガで分かる 筑波大学博士の新感覚ゴルフ理論』を試し読みする

1人のプロゴルファーの壮大な成長物語『千里の道も』

千里の道も 1

完結『千里の道も』 全45巻 大原一歩・渡辺敏 / ゴルフダイジェスト社

本作を第1作として、その後『新千里の道も』『千里の道も第三章』『千里の道も 修羅の道編』と、『週刊ゴルフダイジェスト』で20余年にわたり連載されたゴルフ漫画の人気作品です。本作では、高校を卒業した18歳の坂本遼が、ゴルフ場の研修生になり、プロとして成長を遂げる25歳までが全45巻で描かれています。

プロになってからはもちろんのこと、プロテストの様子も丁寧に描かれており、華やかな世界に見えるプロゴルフ界に入ることがどれだけ厳しいか、またプロになってからの挫折や苦労も知ることができます。本作・続編を通して「坂本遼」という1人のプロゴルファーが苦悩し成長する一代記となっており、人間ドラマとしての読みごたえも充分です。

現在は、坂本遼の息子・翔が主役の『千里の旅 翔の道』が連載されています。

『千里の道も』を試し読みする

少年漫画の魅力たっぷりなゴルフ漫画『DAN DOH!!〔新装版〕』

DAN DOH!!〔新装版〕(1)

完結『DAN DOH!!〔新装版〕』 全29巻 万乗大智・坂田信弘 / 小学館

この記事で、なんと3回目の登場となる坂田信弘先生が原作を担当しています。野球一筋の小学生・青葉弾道(あおば ただみち)通称「ダンドー」がゴルフの魅力に目覚め、仲間や師の支えで成長していく様子が描かれています。『週刊少年サンデー』で連載され、アニメ化もされた作品だけあって、少年漫画らしい友情や努力、その末の勝利が非常に爽快です。そのため、ゴルフの知識が全くない方でも面白く読むことができます。

ゴルフの知識がまったくなくても楽しめた!(BookLive! レビューより抜粋)

ダンドーが中学生になった続編の『DAN DOH!!Xi』『DAN DOH!! ネクストジェネレーション』も併せてどうぞ!

『DAN DOH!!〔新装版〕』を試し読みする

最後に

どの漫画もゴルフの魅力をあらゆる角度から表現しており、キャラの魅力やストーリー展開、技術解説など、それぞれに読みどころがあります。ゴルフ漫画を読めば、技術的にも精神的にも、ステップアップできるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

“働いたら負け”憎めなくて面白いニートの漫画10選
迷ったらコレ!謎解きの快感満載なミステリー漫画11選
まさに「ぐうかわ」! 日本マンガ史にきらめく「女装男子」4選
初心者にもおすすめのファンタジーBL漫画7選【異世界・魔法・人外】
読むだけでお腹が空いてくる!絶品グルメ漫画おすすめ13選
元サッカー部の書店員が厳選!今おすすめのサッカー漫画10選