ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

新時代のグルメ漫画?『ゴールデンカムイ』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

goldenkamui-review

こんにちは、フリーライターの鷹野凌です。

今回は、「マンガ大賞2016」大賞 受賞作の『ゴールデンカムイ』をレビューします。作者は野田サトルさん。集英社の青年漫画誌『週刊ヤングジャンプ』に連載されており、単行本は本稿執筆時点で7巻まで(電子版は6巻まで)刊行されています。

ゴールデンカムイ 1

『ゴールデンカムイ』 1~6巻 野田サトル / 集英社

冒険×歴史×狩猟

本作の舞台は、明治時代末期の北海道。日露戦争で武功を上げ、“不死身の杉元”と呼ばれた元軍人で、全身傷だらけの男が主人公です。戦場で死んだ親友の最後の願いを叶えるため、一攫千金を夢見て砂金を掘りに北海道へやってきました。そこで彼が耳にしたのが、網走監獄の死刑囚たちが隠した莫大な埋蔵金の噂です。

脱走した死刑囚たちには、隠し場所の暗号を記した入れ墨が彫られています。全員分を集めないと、暗号は解読できません。杉元はもちろんのこと、死刑囚自身や、軍関係者など、さまざまなヤツらが埋蔵金のため、入れ墨の人皮争奪戦をする……というのが本作のメインストーリーです。

そしてこの主軸に対し、これでもかと言わんばかりに、さまざまな副次要素が投入されています。北海道の大自然、銃撃、剣戟、肉弾戦といった「冒険」要素。松前藩だった幕末から明治後期にかけての「歴史」と、アイヌ民族。そして、ヒグマやオオカミといった野生生物の「狩猟」と料理です。

やたらと旨そうな料理の絵

「狩猟」要素は、ただ動物を狩るのではなく、料理と直結しています。例えば、チタタㇷ゚ (ㇷ゚ はアイヌ語の小書きフに半濁点)というアイヌ料理。「我々が 刻む もの」という意味で、新鮮な肉を叩いてミンチにしたものです。本来は生で食べるものらしいのですが、初出時はシサㇺ(ㇺはアイヌ語の小書きム・和人の意味)の杉元が食べやすいようにと、丸めてオハウ(汁物)に入れた状態の鍋として描かれます。要するに肉のつみれ汁です。これがまた、やたらと旨そうな絵なのです。

登場人物たちは、食事に感謝する「ヒンナ」という言葉を発しながら、実に旨そうに食べます。リス、ウサギ、クマ、カワウソ、ウマ、シカ、ニシン、シャケ、イトウ、シャチ、クジラ、アザラシなど、さまざまな動物が料理されます。シリアス展開が落ち着いたときに、スッと出てくる料理の絵。お腹が空きます。これは新時代のグルメ漫画と言っていいのではないでしょうか。

アイヌの少女に教わる北海道

その旨そうな料理を杉元にごちそうするのが、アイヌの少女アシㇼパ(ㇼはアイヌ語の小書きリ)です。杉元がヒグマに襲われたとき、偶然通りがかって毒矢で助けてくれます。脱走した死刑囚たちに父親を殺されており、杉元の埋蔵金探しを手伝うことになります。日本語が堪能で、北海道の自然や動物、アイヌの風習などについて、杉元(と読者)に解説してくれます。

例えば、ヒグマは一度人を殺すと、人間を恐れない凶暴なウェンカムイ(悪い神)になり、テイネポㇰナモシㇼ(ㇰとㇼはアイヌ語の小書きクとリ)という地獄に送られるそうです。また、猟で捕らえた子グマは村で大切に育てて、大きくなったら伝統儀礼で神々の国へ送る、という風習もあるとか。すべてをカムイ(神)として敬う、アイヌの信仰です。

まさかの元新撰組・土方歳三

「歴史」要素でゾクッとさせられるのが、元新撰組・土方歳三の登場。史実では戊辰戦争の最後、五稜郭の戦いで死んだはずの彼が、本作では生き延びていたのです。ロマンがありますね。本作の舞台は日露戦争終結直後なので、ポーツマス講和条約が結ばれた1905年(明治38年)9月以降の話。土方の生年は1835年(天保6年)なので、作中での登場時は70歳前後ということになります。刀を振り回す、白髪の老人です。

新撰組ではもう一人、永倉新八も登場します。剣の腕前では一番と謳われた男です。史実では近藤勇や土方歳三との路線対立で袂を分かち、のちに小樽へ移り住み剣術を教え、大正まで生きていたそうです。そんな彼が本作では、土方歳三とともに埋蔵金を狙っています。おっかない老人コンビです。渋い。

動物、自然、そして同じ人間との戦い

そして「冒険」要素。いきなり襲ってくるヒグマなどの野生動物はもちろん、寒さや水の冷たさといった自然そのものも、人間には脅威です。マイナス30度の寒気に襲われ、川に落ち、すぐに火を起こさないと死ぬ! というシーンは、なかなか緊迫感があります。

しかし本作を読んでいると、人間にとって最も身近な脅威は、同じ人間なのかもしれない、という気がしてきます。冒頭に出てくる日露戦争のシーンはもちろん、本編の埋蔵金を巡った争いでも、銃や剣であっけなく人が殺されていきます。そりゃもうバタバタと、人が死んでいきます。

欲に目がくらんだ人間の、恐ろしさと愚かさ。そして、自然と寄り添い生きる優しいアイヌたち。そのコントラストが見事な作品です。

ゴールデンカムイ 1

『ゴールデンカムイ』を試し読みする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

#ハッシュ本 まとめ②「5kg分の本」がもらえるなら何がいい?【三省堂書店×BookLive!】
マンガの常識を変えた天才 手塚治虫の名言集
徳井青空さんへインタビュー「BookLive! Presents 教えてあなたの#キッカケマンガ」第3回
獣の傭兵と美しい魔女『ゼロから始める魔法の書』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
定番から話題作まで!料理バトルが熱いグルメ漫画8選
正統派からゆるふわ系まで!おすすめのバンド漫画10選