ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

初心者にもおすすめのファンタジーBL漫画7選【異世界・魔法・人外】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魔法や人外、ロボットに擬人化など独特な世界観が私たちを惹きつけてやまないファンタジー。いわゆるファンタジー作品はBLにも面白いものがたくさんあります。ファンタジーは大きく分けて、「魔法など、現代の物理法則とは異なる世界を描いた作品」と、「現実の中に少し不思議な要素や非現実的な物事を混ぜ込んだ作品」があり、今回は、世界観や設定に特徴のある、初心者にも読みやすいBLのファンタジー漫画を7作品ご紹介します。

鳥人と人間の愛憎に胸が締め付けられる『鴆-ジェン-』

鴆-ジェン-

完結『鴆-ジェン-』 全1巻 文善やよひ / プランタン出版 / Canna Comics

【設定】人外(鳥人)・中華系ファンタジー

【エロ度】★★☆☆☆

猛毒を好み、その毒こそが羽を美しく鮮やかに変える鳥人「鴆(ジェン)」。古代中国を思わせるこの国では、鴆を飼うことが権力の象徴でした。かつて兄と共に鴆飼であり、今は武人となったフェイ将軍は、上司の命令で、兄を殺した最も美しい鴆・ツァイホンの世話をすることになります。ツァイホンを憎みながらも、殺すこともできないフェイは高飛車なツァイホンを苦しめるため、鴆にとって拷問になりえる「発情」を強制的に行わせることで怒りを鎮めようとしましたが……。

中国の伝承に登場し伝説上の動物とされている、猛毒を持つ鳥・鴆をモチーフに、本作では、人間の言葉を理解し、人間の顔と鳥の手足を持つ生き物として描かれています。フェイはツァイホンの面倒を見るうちに、傲慢な顔の下にあるツァイホンの別の一面を知り、やがて憎しみだけではない複雑な感情を覚えるようになります。強すぎる毒のせいで愛する人とつがいになることのできない鴆の悲しさや、育てた鴆を幸せにできなかった鴆飼の葛藤、そして、憎む者と憎まれる者との間に生まれる新たな感情など、鳥人と人間の濃密な愛憎劇は、兄の死に隠された事実が明らかになった時、どうしようもない切なさに胸が締め付けられます。

鴆の美しく彩られた羽根や装飾品などが細かく丁寧に描きこまれ、カラーページもさることながら、モノクロのページでさえ色鮮やかに見えるよう。中華風の世界観にどっぷりつかることができるのもポイントです。また、『極夜』には『鴆-ジェン-』の番外編が掲載されており、2人の日常の一コマも楽しめますよ。

『鴆-ジェン-』を試し読みする

すりこみの愛に翻弄されるヒューマノイドと人間のSFファンタジー『VOID』

VOID

完結『VOID』 全1巻 座裏屋蘭丸 / ビーボーイ編集部

【設定】人外(ヒューマノイド)・SF

【エロ度】★★★★☆

ヒューマノイドが一般的に普及した世界。違法製造で出荷手前だった男性専用愛玩タイプのヒューマノイド・アラタがマキの家に運び込まれます。アラタは容姿と記憶の一部を実在の人物からコピーされており、アラタのオリジナルはかつてのマキの恋人・レンでした。最初に見た人間を好きになるという「すりこみ機能」によって、アラタはマキに懐きますが、マキにとってレンとの過去は思い出すのも辛い思い出で……。

「ヒューマノイド」が出てくる作品なので、ロボットや未来人がでてくるような世界観を想像してしまいますが、本作は現実とほぼ変わらない世界なので初心者にも読みやすい作品です。アラタがマキに依存するように刷りこみされていることをいいことに、マキは過去の恋人への歪んだ感情をアラタにぶつけます。しかし、アラタとレンが別人であることに気付かされ、マキはアラタ自身と向き合うことになるのです。アラタと穏やかな生活を送っていたある日、あることがきっかけでマキはアラタのすりこみ機能の解除を決意しますが……。

この作品のテーマは、「偽りの愛は本物になるか?」ということ。アラタにとって、マキと過ごした日々は本物の愛だったのか、それともただの作られた愛だったのか?2人の物語の結末はぜひ本編で。

『VOID』を試し読みする

無駄にハイスペックな疫病神と人間の日常系ファンタジー『不幸中のしあわせ』

不幸中のしあわせ

完結『不幸中のしあわせ』 全1巻 エンゾウ / 集英社

【設定】人外(神様)・現代

【エロ度】★★☆☆☆

八百富 永寿(やおとみ えいじゅ)は、名前のとおり、とても運の良いサラリーマン。ところがある日を境に、なんだか運の巡りが悪くなって来たような……。そこで通りすがりのお地蔵様に厄よけをお願いしたところ、なんと自分に憑いている疫病神が見えるようになってしまいます!それからというもの、お地蔵様から喧嘩を売られたり、見えてはならないものが見えてきたりと、永寿は大混乱!

注目して欲しいのは疫病神のヤト。疫病神に憑かれると不幸になる=生活が堕落していく、というようなイメージはありませんか?しかし、ヤトはそのイメージとは真逆。見た目に反して、無駄にハイスペックなのです。料理・掃除・洗濯・裁縫など一通りの家事をこなし、甲斐甲斐しく世話をやく様子はまるで新妻!?

神も人間も巻き込んだ大乱闘にクスッと笑えながらも、疫病神の葛藤や心からの切ない願いにホロっと泣ける本作。なんだか最近ついてない……という時には、疫病神に担当替えされてるかも……?とついつい妄想が捗ってしまう作品です。

『不幸中のしあわせ』を試し読みする

宿命を負った主従関係が切ない王道ファンタジー『坂の上の魔法使い』

坂の上の魔法使い

完結『坂の上の魔法使い』 全1巻 明治カナ子 / 大洋図書

【設定】魔法使い・異世界

【エロ度】★☆☆☆☆

魔法使いのリーと弟子のラベルは、魔法使いの棲む町ゲルの外れにある荒れ山に住んでいます。どこか影のあるリーは変わり者で町が苦手。2人の生活は質素そのものです。風変わりなリーに振り回されながらも、ラベルは学校や魔法の勉強に励みながら毎日を健やかに過ごしていました。しかし、町に棲む魔法使いの悪巧みをリーが阻止した時から、2人の穏やかな生活に波風が立ち始めます。

一見おとぎ話のような雰囲気のある作画ですが、ストーリーは王族と魔法使いの主従関係、魔法使いの宿命、愛やエゴといった人間の真に迫ったテーマも描かれている深い作品です。リーと生活を共にしている弟子のラベルは、実はかつてリーが仕えた王の忘れ形見で、リーは王への信義から養い親としてを育てています。王へ主従関係以上の気持ちを抱きながらも、魔法使いの宿命のせいで、真実を伝えることができなかったリー。ラベルを育てることが、リーの王への忠誠と伝えられなかった愛を表しているのかもしれません。

過去の出来事と現在が幾重にも重なり、物語は多くの謎をはらんだまま、『無二の王~坂の上の魔法使い2~』『黄金の川岸~坂の上の魔法使い3~』へと続きます。一人の魔法使いの王への思いが、国の運命を変えていく本作。BLの枠を超えて読んでほしい作品です。

『坂の上の魔法使い』を試し読みする

手に汗握るバトルもエロスも魅力の長編ファンタジー『クリムゾン・スペル』

クリムゾン・スペル

『クリムゾン・スペル』 1~5巻 やまねあやの / 徳間書店Chara

【設定】人外(獣人化/魔法使い)・異世界

【エロ度】★★★★☆

魔物に襲われた王国アルスヴィーズ。王子であるバルドは城の人間を守るため、先の王が封印した禁断の剣で魔物を倒しますが、それはバルド自身に呪いをかけるものでした。呪いを解くためにバルドは魔導士ハヴィを訪ねますが、解術の条件にハヴィの頼みをきくことに…。バルドはハヴィの護衛として共に旅立ちます。

「ファインダーシリーズ」のやまねあやの先生が描く本作は、魔物を相手に剣術や魔法を駆使して繰り広げられる、迫力のバトルファンタジー。また、うさぎのような見た目の霊獣・ルルカも仲間になり、数々のステージを攻略していく様子がRPGを思わせます。冒険の様子やバトルシーンも見ごたえがありますが、注目したいのはバルドの変化。バルドは呪いのせいで夜になると魔獣になり、本能のままに暴れてしまいます。魔獣化したバルドをハヴィは抱いて鎮めているのですが、当の本人は魔獣の時の記憶はなく、夜な夜なハヴィに抱かれていることを知りません。昼の清廉潔白なバルドと本能むき出しで乱れまくるの魔獣のバルド、そのギャップがたまらない!夜のバルドがハヴィに手なずけられていく様子もかわいいです。

『クリムゾン・スペル』を試し読みする

ヤクザな勇者×善人の魔王が斬新『だってまおうさまは彼が嫌い』

だってまおうさまは彼が嫌い

『だってまおうさまは彼が嫌い』 1~3巻 山田2丁目 / コアマガジン

【設定】魔王と勇者の末裔・現代

【エロ度】★★★★☆

町の便利屋さんを営む眞王(まお)は、30代目「魔王」で、目が合った人々を「下僕化」させてしまうという特殊な能力を持っています。ある日、29代目「勇者」と名乗る神子(かみこ)が現れ、魔王を征服しに来たのでした。ただし、現代の征服方法は、エッチすることで……!?

現代を舞台に繰り広げられる、魔王と勇者の戦いが描かれている本作。押しが弱く善人風の眞王(=魔王)と、態度がデカく柄の悪い神子(=勇者)の乱れた共同生活が楽しめる作品です。どっちかというと、魔王と勇者、逆だよね?と思ってしまうほど、「らしくない」魔王・勇者っぷりが面白いです。眞王は魔王の特殊能力を使って神子を下僕化しようと試みるものの、毎度神子のテクニックにメロメロになり、返り討ちにあいます。一枚も二枚も上手な神子のペースに振り回され、これは征服される日も近いな…と思わざるを得ません!それでも神子を征服しようと努力する眞王に思わず笑みがこぼれてしまう作品です。

『だってまおうさまは彼が嫌い』を試し読みする

ファンタジーBLの定番!神様と人間のほのぼの癒されラブ『マウリと竜』

マウリと竜

『マウリと竜』 1~2巻 元ハルヒラ / ビーボーイ編集部

【設定】人外(神様)・異世界

【エロ度】★★☆☆☆

舞台はどこか懐かしさを感じる世界。そこでは「巡る神」と呼ばれる神々が、それぞれの役割や目的をもって各地を巡っています。山あいの小さな村にやってきた巡る神は大きな竜。その村の風習では、若く美しい娘を生贄として神様に捧げるのですが、竜のもとにやって来たのは、少年マウリ。聞けば、マウリの村には女がいないとのこと。竜はマウリを生贄とせず、一緒に暮らし始めます。ところがある日、薪を拾いに行ったマウリが村の男たちに乱暴されそうになり、竜は村に女がいない理由を知ることになるのです。

竜や蛇、鳥や馬などの姿をした「巡る神」と人間が出会って恋をする物語。巡り神は、気持ちが通じ合った相手と同じ姿になる性質があり、神様が人間の姿に見えているとしたら、それは自分のことを愛している証拠なのです。表題作の「マウリと竜」はファンタジーBLの中でも根強い人気があり、続編も発売されました。2巻ではマウリと神様の、アツアツなご夫婦ぶりにニヤニヤしてしまうこと間違いなしです。かわいい神様たちのほのぼのとした恋愛が楽しめる作品です。

『マウリと竜』を試し読みする

最後に

作りこまれた世界観やシチュエーションで楽しませてくれるファンタジーBL。漫画だけでなく、BL小説にも『5人の王』などの名作が数多くありますよ。異世界ものから日常ファンタジーまで、お気に入りの作品を見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

正統派からゆるふわ系まで!おすすめのバンド漫画10選
鉄腕アトム誕生前の物語『アトム ザ・ビギニング』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
誘い受け・襲い受けBL漫画9選!積極的な受けに翻弄される!
人格チェンジから人物チェンジまで!おすすめ入れ替わり漫画13選
新時代のグルメ漫画?『ゴールデンカムイ』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
手塚ワールドの再来『ヤング ブラック・ジャック』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー