ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

社交ダンスも競技ダンスも!おすすめのダンス漫画6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dance-comic

男性も女性も身なりを整え、優雅に楽しむ社交ダンス。それにルールと採点基準を加え、スポーツ性を高めた競技ダンス。前者は和やかな雰囲気、後者にはスポーツのスリリングさがあり、華やかな見た目から漫画にもよく描かれます。今回は、そんなダンス漫画のおすすめ作品をご紹介します。「男女ペア」という特性上、ロマンス要素が豊富なのに加え、上達への努力や勝ち負けの要素もあって見どころが盛りだくさん! ダンス経験のある作者が描いた本格派も多いので、ぜひぜひ読んでみてください。

正統派少年漫画+華やかなダンス!『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』

背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~

完結『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』 全10巻 横田卓馬 / 集英社

高校に入学したばかりの土屋雅春は、部活の新勧イベントで目にした競技ダンスの迫力に惹かれて体験入部します。競技ダンスの「男女がペアになる」、「自分をアピールする」といった一面を他の生徒が冷やかすなか、入部を決めますが、一緒に入ったのは気弱な亘理英里だけ。しかも雅春は、汗っかきを笑われたトラウマがあって女子が苦手! それでも「ダンスが好き」と感じる雅春は、英里と組んで大会出場を目指し、猛練習を開始するのでした。

フェミニンなイメージのダンスがこんな王道の少年漫画になるのか! と、ストーリーの設定が新鮮な作品です。雅春と英里というフツーの高校生が、努力を重ねてコンプレックスを克服していく様子がいじらしい! ダンス初心者であってもそれぞれの強みを活かせば試合で輝けるという点が楽しく描かれており、オンリーワンを重視するダンスの魅力が伝わってきます。同時に、競技ダンスのスポーツ性もしっかり描かれています。競い合って火花を散らすシーンやラスボス的なライバルの存在など、「勝つ!」「強くなる!」を希求する、少年漫画ド真ん中のアツい展開に引き込まれます。絵がかわいい漫画ですが、ラテン・ダンスのシーンでは、高校部活モノにはめずらしく露出度の高い衣装のダンサーも登場します。

努力家の主人公の成長ぶりに胸がアツくなり、応援する手にも力が入る本作。ぜひ読んでみてください。

『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』を試し読みする

迫力のダンスシーンと冴えた心理描写の本格派!『ボールルームへようこそ』

ボールルームへようこそ

『ボールルームへようこそ』 1~9巻 竹内友 / 講談社

富士田多々良は夢や目標がなく、平凡な中3男子。ある日、不良に絡まれたところをプロダンサーの仙石要に助けられ、ダンススタジオへ出入りするようになります。そこで、仙石や同級生でダンス留学を志す花岡雫からダンスや彼らの生き方に刺激を受けるのです。猛練習を開始した多々良は、ダンス愛に目覚め、周囲のダンサーたちを巻き込みながら、才能を開花させていくのでした。

描写にとても迫力があり、ダンサーの躍動感ある動きが見どころです。空間に描く流線が見えるような、迫力のダンス描写には思わず引き込まれます。作者の竹内友先生ご自身が競技ダンス経験者ということもあって、ダンスの特性や技を熟知した構成が見事。ページ数をたっぷり使って描き込まれた試合のシーンは圧巻です! 踊っている最中の高揚感、パートナーとのあつれきや自分の未熟さに打ちのめされる心境など、ダンサー特有の心情にも焦点が当てられており、華やかさだけではない、競技ダンスの厳しい側面が伝わってきます。

竹内友先生は、初連載とは思えない完成度を持つ本作が「このマンガがすごい!2013」オトコ編にベストテン入りするなど、今注目の新鋭。2017年7月よりTVアニメも放送を開始し、ますます注目の作品です!

『ボールルームへようこそ』を試し読みする

情熱も屈折も全てが青春『BUTTER!!!』

BUTTER!!!

完結『BUTTER!!!』 全6巻 ヤマシタトモコ / 講談社

元気印の少女・荻野目夏とオタク男子の端場敬弘(はば たかひろ)は、高校のダンス部で社交ダンスのペアを組むことになります。性格が正反対の上、端場は嫌々ながらの入部だったせいもあり、当初は衝突してばかり。しかし、練習を重ね社交ダンスにハマっていくうちに、互いの良さに気づくようになり……。

友情や衝突、試合の緊張感、文化祭の楽しさやトラブルなど、等身大の高校生活が描かれた青春群像劇です。部活動での社交ダンスの魅力にフォーカスされているだけでなく、スクールカーストやネットいじめなどにも触れられており、リアルさとともにほろ苦さを感じるところがあります。しかし、夏の元気いっぱいな様子や部員間の友情が描かれたスッキリ痛快なシーンもたくさんあって、読んでいて「青春っていいな」という気持ちになります。夏や端場をはじめ登場人物たちの心理描写が巧みなので、思わず感情移入してしまい、それぞれのキャラに親近感が湧いてきますよ。

作者のヤマシタトモコ先生は『くいもの処 明楽』が2007年「このマンガがすごい!(BL部門)」で1位に選ばれ、『HER』『ドントクライ、ガール』が「このマンガがすごい!2011年オンナ編」の1位と2位になった人気の漫画家さん。現在は『さんかく窓の外側は夜』が連載中です。

『BUTTER!!!』を試し読みする

ダンスならではの男子同士の危うい関係!?『10DANCE』

10DANCE

『10DANCE』 1~2巻 井上佐藤 / 講談社

「男役」と「女役」がペアを組む競技ダンスの特性を十二分に生かした、華麗で妖艶なBL漫画です。

奔放で天才肌のラテンダンサー・鈴木信也は、堅物で優等生なスタンダードダンサー・杉木信也に挑発され、互いの専門ダンスを教え合うことに了解してしまいます。名前は似ていますが性格は真逆で、レッスンは激突の繰り返しに。しかし、次第にダンスへの思いを分かち合うようになり、密かな敬愛とアツい感情を育んでいきます。

競技ダンスの特徴がストーリーやキャラの設定に生かされていて、レッスンや試合のシーンが豊富な上、丁寧で細かい解説もある本格派のダンス漫画です。ダンス中のポーズや筋肉の描かれ方に息をのむような色気があって、ダンスの芸術性や華麗さが好きなファンはシビレること確実! 男性ダンサー2人が「男役」と「女役」を入れ替えながら踊っているうちに相手を意識するようになる、というくだりは、BL漫画の設定としても秀逸。BLとしてはソフトな部類ですので、ダンス好きな方は食わず嫌いせず、ぜひ一度、目を通してみてください!

作者の井上佐藤先生は、BL界で定評ある漫画家さん。他には『SMOKER』『子連れオオカミ』などの作品があります。

『10DANCE』を試し読みする

あたたかく愛らしいダンス・ロマンス!『ワルツのお時間』

ワルツのお時間

完結『ワルツのお時間』 全3巻 安藤なつみ / 講談社

ダンススクールの息子・南たんごは、実力のあるダンサーなのに、それをひた隠しにしていました。ある日、たんごはいじめられていた地味な女の子・牧村姫愛(ひめ)を助けます。姫愛は自分を変えたくて、そして、たんごと踊りたい気持ちもあって、南家のスクールへ通うようになります。それでもたんごはダンスを再開しようとしません。その様子を見た幼なじみ・須藤勇誠は一計を案じて……。

フツウの女の子がイケメン男子に恋をするという、少女漫画の王道を行く作品です。ステキな男性にリードしてもらうとお姫さまのように踊れる、ドレス・メイクで変身できるなど、競技ダンスの楽しくて華やかな特徴がうまく生かされています。絵柄はかわいく、ストーリーは夢いっぱいで、爽やかなロマンスが好きな人は絶対ハマりますよ!

『ワルツのお時間』を試し読みする

元祖ダンス漫画!少女漫画の枠を超えた大人の恋愛絵巻『PARTNER』

PARTNER

完結『PARTNER』 全17巻 名香智子 / 小学館

社交ダンスをこの作品ではじめて知ったという方も多い、ダンス漫画の名作です。お嬢さま学校に通う宝珠茉莉花は、ある日、ディスコで金髪の外国人・フランツと出会い、社交ダンスを踊ります。フランツとダンスに惹かれた茉莉花は、ダンス界のホープ・神 砌(じん みぎり)に誘われて競技ダンスの世界へ。国内の大会、そして世界へと進出していきます。

ダンスの種目や用語、国内外の大会の様子が描かれ、競技ダンスの世界がつかみやすい作品です。富豪や貴族、ヨーロッパの社交界などが登場するゴージャスな作風はいかにも80年代の少女漫画。それでいて主要キャラの恋愛の変遷がしっかり描かれ、体の関係や既婚者との恋などに踏み込むビターなテイストは、当時の少女漫画界では画期的で話題となりました。

名香智子先生は1973年のデビューし、今も精力的に活動を続ける大ベテラン。作品には『シャルトル公爵の愉しみ』『マダム・ジョーカー』など多数があります。

『PARTNER』を試し読みする

最後に

その華やかさから、長らく少女漫画の定番だった社交ダンスと競技ダンス。最近では、ダンサーのアスリート的な面にフォーカスした作品も増えてきて、また面白くなってきました! ぶくまる編集部では今後もこのジャンルに注目していきます!

▼他にも、華やかなダンスの世界が見たい方は「バレエ漫画」もおすすめ!
バレエ好き書店員厳選!バレエ漫画6選【華麗で熱い!】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

リケジョもゴーストライターも!? あの「流行語」を使ったTL・BL漫画タイトル
最速の探偵と呼ばれるワケは?『掟上今日子の備忘録』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
#ハッシュ本 まとめ⑤書店員が選んだ「スカッとする本」【三省堂書店×BookLive!】
独特の動物目線が面白い!おすすめの犬&猫漫画4選
#ハッシュ本 まとめ⑥書店員が選んだ「図書室で読んだ本」【三省堂書店×BookLive!】
戦時下であっても日常は続く『この世界の片隅に』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー