ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

オメガバース初心者にもおすすめ!オメガバースBL漫画7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Smiling gay couple with child in garden

「オメガバース」とは、近年、二次創作BLをはじめ、商業BLでも盛り上がりを見せているジャンルです。今回は「オメガバース」の基本の説明を交えつつ、初心者にもおすすめのオメガバースBL漫画を7作品ご紹介します。

オメガバースとは?

「オメガバース」とは、一言で説明するなら「男性も妊娠する世界」のこと。海外の洋画・洋ドラの二次創作から生まれた特殊設定と言われており、男女性とは別に、アルファ(α)、ベータ(β)、オメガ(Ω)という生まれ持った性質が存在し、三者には序列関係があります。アルファ、ベータ、オメガの由来は、海外BL小説『狼の遠き目覚め』シリーズに代表される、アメリカのワーウルフ(人狼)ものとも言われています。

  • アルファ(α):エリート階級。オメガに対する生殖率が高く、オメガが発情期に発するフェロモンによって「ヒート」という状態になると、理性が飛んでしまうことも。
  • ベータ(β):最も人数が多く平凡。多くはベータ同士で結婚する。オメガのフェロモンに対して、アルファよりも自制できることが多い。
  • オメガ(Ω):下級層。定期的に発情期が訪れ、その期間であれば男女共に妊娠が可能。抑制剤や特効薬で発情期をコントロールするオメガも多い。また、アルファにうなじを噛まれると「番(つがい)」となり、他者と交わることができなくなる。その中でも、アルファとオメガの運命的な結びつきは「魂の番」と呼ばれる。

緻密で複雑な生物学的設定と、オメガが支配される格差を描いた社会的設定、その2つを併せ持った高いストーリー性こそが、オメガバース作品の特徴です。派生設定も多く、様々な解釈がありますが、最近ではオメガバースBL専門レーベル「THE OMEGAVERSE PROJECT」(ふゅーじょんぷろだくと)をはじめ、優れた漫画作品が続々と生まれています。基本設定を押さえつつ、自由な切り口で楽しめるのがオメガバースの魅力と言えるでしょう。

オメガバースのおすすめBL漫画7作品!

オメガバースを読んでみたい人にも、既にハマっているという人にもおすすめの作品をご紹介します。どの作品も、巻頭でオメガバースの設定説明があるので、それを読みながらだとより理解が深まりますよ。

お坊ちゃん×執事の恋はただの「運命」なのか?『かしこまりました、デスティニー』

『かしこまりました、デスティニー』

完結『かしこまりました、デスティニー』 全2巻 さちも / ふゅーじょんぷろだくと

【エロ度】★★★☆☆

東條家の御曹司・葵は、アルファの家系にオメガとして生まれたが故に家を追われ、幼少から傍にいる執事の宮内(ベータ)と共に、世界的自動車メーカーを経営する西園寺家に仕えることになります。幼少期に会ったことのある次期当主・次郎(アルファ)と「魂の番」であることを感じ取る葵。ですが次郎からは蔑まれ嫌われています。葵は必死に執事の仕事を覚え、認められるよう頑張っていましたが、ある日突然発情期となり、ヒート状態の次郎に抱かれてしまい……。

魂の番である運命を呪い、この気持ちを「偽物」だと思い込もうとする葵。せめて、次郎に本当に相応しい相手が現れるまでは傍にいさせてほしいと懇願する葵が切ないです。葵を嫌い、運命に抗おうとする次郎も、次第にそんな葵に惹かれていくようになります。一方、ずっと葵を想ってきた宮内の片想いも胸が締め付けられます。主従という関係を超えて葵を守りたいという想いから、次郎を挑発するような言動も。

下巻では、口の悪い執事長・久藤(アルファ)と宮内の、意地っ張りな恋模様が中心に描かれており、そのドラマティックな展開も見逃せません。4人それぞれの幸せの形は決められたものではなく、「彼ら自身が切り拓いた運命」なのだとしみじみ思わされる良作です。

『かしこまりました、デスティニー』を試し読みする

一人のオメガがクラス全員を狂わせる!『さよなら恋人、またきて友だち』

『さよなら恋人、またきて友だち』

完結『さよなら恋人、またきて友だち』 全1巻 yoha / ふゅーじょんぷろだくと

【エロ度】★★★★☆

田舎町の進学高校で、アルファばかりが所属する特別クラス。そこにオメガであるカナエがやってきた日、クラスの全員が「孕ませたい」という強烈な欲望のトリコになりました。欲望に正直に、強烈に迫り来るアルファのクラスメイトたち。クラスのリーダー的存在のオウギは、カナエの良き友人として、クラスメイトから紳士的にカナエを守りながら、番にしたいという欲を必死に抑えつけていました。ですが、彼らの欲望が限界を超えた時、思わぬ大事件が……。

1人のオメガを複数のアルファが奪い合う本作。表と裏の顔を使い分け、カナエもクラスメイトもコントロールしようとするオウギの策士っぷりが際立っており、スクールカーストものが好きな人にもおすすめです。そして、事件とともに明らかになる、カナエとオウギを巡る過去の記憶。アルファとオメガという関係性ゆえの過ちをはじめ、オメガバースならではのエゴや欲が渦巻くシリアスな描写が秀逸です。カナエの心の傷と真の想いを知ると、やるせなさと共に愛しさもこみあげます。

気持ちが番を求めるのか、それともただの本能なのか。カナエとオウギ、そしてクラスメイトたちがそれぞれに苦悩し選んだ結末を、ぜひ見届けてください。

『さよなら恋人、またきて友だち』を試し読みする

どうなる!? オメガとアルファとベータの三角関係『ロマンティック上等』

『ロマンティック上等』

完結『ロマンティック上等』 全1巻 森世 / ふゅーじょんぷろだくと

【エロ度】★★★★☆

仕事は適度にこなし、残業は絶対にしないオメガの派遣社員・計(けい)。運命のアルファとの出会いに備え、自分磨きと出会い探しの毎日を送りながら、唯一心を許せるベータの幼馴染・次継(つぎつぐ)と、セフレ的な腐れ縁を続けていました。ある時、ハイスペックなエリートのアルファ・駅人(えきひと)と出会い、初デートで「番になって」と告白された計。プロポーズかと思いきや、駅人は多くの番を囲う人間だったのです。そして次継にも、もう関係をやめると言われてしまい……。

身分格差や発情期のつらさ、番以外と交わる際の拒絶反応など、オメガバースの基本設定が巧みに活かされている本作。一見、軽薄でビッチな印象の計ですが、心の底では愛を求めるピュアな一面も。計の幸せを思って突き放しながら、なお離れられない次継も切ないです。また、自分の恵まれた性と地位を利用し、あくまで合理的かつ強引に計を落としにかかる駅人のキャラも魅力的です。

オメガとアルファの単純な運命論になっていないところが白眉な本作。地位やお金か、それとも愛か。計・次継・駅人の三角関係にハラハラさせられながら、ラストには思わず涙腺が緩みます。エロスも愛情もたっぷり感じられる良作です。

『ロマンティック上等』を試し読みする

極道二代目×ヤンキーのケンカップルの恋は、お家も巻き込んで大騒動!『あばれんぼハニー』

『あばれんぼハニー』

完結『あばれんぼハニー』 全1巻 鳶田瀬ケビン / ふゅーじょんぷろだくと

【エロ度】★★★★☆

月ノ輪高校のクマはケンカ好きのオメガで、不良相手にケンカ三昧の日々を送っています。これまで発情期とは無縁だったのに、宿敵である極道一家の次期組長・ハチ(アルファ)と、ゲーセンでぬいぐるみを巡って争っている最中に突如発情してしまい、2人は番になってしまいます。以降、大嫌いな相手だったはずなのに、クマはハチを求めてしまうように……。

ちょっとおバカなやりとりや、初々しいデートの様子など、番から始まったケンカップルが愛おしく、ニヤニヤしてしまう本作。ハチに夢中なクマのバカで素直なところは可愛く、ぶっきらぼうながらもクマを受け入れるハチのクールな漢前っぷりはカッコいい! ガタイのいい2人の若さ溢れるエロも必見です。オメガバースの設定を活かしつつも、ラブコメがメインとなっているため、オメガバースの入門としても読みやすいですよ。

ハチ&クマの恋路を邪魔するハチのお目付役・満郎と、ハチの元許嫁・スズメの年の差ラブエロが楽しめる、続編の『かくれんぼハニー』は、オメガバース好きのみならず、インテリメガネ受けが好きな人にもたまらない作品です。

『あばれんぼハニー』を試し読みする

バリタチのオメガがスパダリなアルファに迫る!『僕のハイスペック彼氏様』

『僕のハイスペック彼氏様』

完結『僕のハイスペック彼氏様』 全1巻 よつあし / ふゅーじょんぷろだくと

【エロ度】★★★☆☆

サラリーマンの横道は、オメガでありながら実は「バリタチ」。ですが世間的には、オメガは「抱かれる側」の人間。好きな相手とうまくいかず、見下されることにも悶々とした日々を送っていました。ある日、街に突如現れた暴れ牛(!?)に襲われそうになった横道は、烏丸という男に助けられます。烏丸は横道の会社の若き社長で、超エリート街道を生きてきた彼に一般人の感覚を教えるため、横道は秘書となることに。横道は烏丸を抱きたいという妄想で頭がいっぱいになりますが、アルファである烏丸にはなかなか想いを告げられず……。

「スーパー攻め様が受ける!!」という、インパクト満点の帯で話題騒然となった本作(残念ながら電子版には帯がついておりません……)。表紙の仁王立ちがスパダリ攻め様かと思いきや、本作はオメガ×アルファのラブストーリーなのです。煩悩溢れる横道(一般人)と、ピュアな烏丸(超エリート)とのズレたやり取りをはじめ、金の亡者の同僚・田中(ベータで攻め)や、アラブの石油王の息子(ドM)など、登場人物全員が強烈で、ツッコミが追いつかないギャグに笑いが止まりません。

もちろん、胸キュンポイントもたっぷり! スーパーエリートでありながら心は無垢で素直な烏丸。邪な想いから始まった横道の恋も、そんな烏丸に影響され、いつしか本物の愛情に。そして烏丸の鍛えぬかれた肉体が、横道に攻められて過敏に反応する様にも激しく萌えます。オメガバース作品をある程度読んでいる方も、「オメガが攻め」という新しい世界を、ぜひ楽しんでみてくださいね。

『僕のハイスペック彼氏様』を試し読みする

獣人×人、オメガバースのファンタジーBL『ペンデュラム―獣人オメガバース―』

『ペンデュラム―獣人オメガバース―』

完結『ペンデュラム―獣人オメガバース―』 全1巻 羽純ハナ / フロンティアワークス

【エロ度】★★★☆☆

アルファの家系に唯一産まれたオメガということで疎まれ、捨てられた少年・カイ。獣人一族であるジークフリード家の当主・ルアード(アルファ)に育てられたカイは、ルアードと番になることを夢見るようになります。ですが、ルアードは多くの子を宿すために特定の番は作らないと知り……。

獣人×人のオメガバースものとして秀逸な本作。オメガというだけで忌み嫌う人間たちとは違い、カイはルアードから充分な寝食と教育を施され、

「お前を支配する権利は誰にもない お前の主人はお前自身だ」

と言われます。一人の人間として接してくれるルアードに、慕う気持ちが次第に恋情に変わるカイ。またルアードも、日々成長するカイに対し、当主として子孫を残すという務めと、カイを大事にしたいという庇護者としての想い、そして自分の本心に揺れ、苦悩します。獣人を産むことができるのはオメガの人間だけ……ですが、そんな制約や種族を超えて2人が互いを大事に想いあう様が魅力で、気持ちの通じ合ったシーンにはグッとこみあげるものがあります。

「魂の番」であるがゆえに反目しあいながらも離れられない、獣人ジュダと人間オメガ・ダートの関係性も、もう一つの見どころ。「その後」を妄想したくなる2人の今後にも、ときめきますよ。

『ペンデュラム―獣人オメガバース―』を試し読みする

温かくて優しい、アルファとオメガの家族の物語『ただいま、おかえり』

『ただいま、おかえり』

完結『ただいま、おかえり』 全1巻 いちかわ壱 / ふゅーじょんぷろだくと

【エロ度】★☆☆☆☆

藤吉真生(ふじよし まさき)は、エリートサラリーマンの弘(ひろむ)と、もうすぐ2歳になる息子の輝(ひかり)と暮らす専業主夫。真生の生活は幸せそのものですが、異種間結婚に対する偏見やオメガへの差別がまだ一部に残る社会で、アルファの弘とオメガの自分の関係にふと思い悩むことも。それでも、限りない愛情を注ぎ、注がれながら、何気ない日常を3人で大事に生きていきます。

オメガバースの設定の中でも、世間の目や、アルファのエリート家系である弘の父との確執を通して、パートナーと子供との絆の強さにフォーカスした本作。番になったアルファの男性とオメガの男性が子供を産み、育てていくことの難しさに悩み傷つくことがあっても、隣に住む祐樹をはじめ、理解ある周囲の人々のサポートもあり、真生も徐々に自分たちの在り方を肯定していくようになります。

真生と弘の甘々でラブラブな関係は、大事なパートナーと息子を守りたいという強い気持ちの表れでもあります。風邪と発情期が重なって寝込む真生の傍に、ヒートの恐れがある弘は近寄ることができない……オメガバースならではのもどかしさも描かれており、愛おしさが一層こみ上げます。そして何より、息子の輝が天使のように可愛い! 一丁前に真生を守ろうとする様子など、とにかく一挙手一投足にメロメロになってしまいます。最後の1ページまで優しいファミリードラマに、心がじわっと温かくなりますよ。

『ただいま、おかえり』を試し読みする

最後に

基本設定さえ知っていれば、あまり難しく考えることなく、社会性の強いシリアスものから、ラブコメ、家族ものまで、様々なストーリーを楽しむことができるオメガバース。今後もヒット作が生まれるのが楽しみなジャンルです。ぜひ、お気に入りを見つけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

うつ病・双極性障害を知るための漫画6選【体験談から専門家の解説まで】
“働いたら負け”憎めなくて面白いニートの漫画10選
まさに「ぐうかわ」! 日本マンガ史にきらめく「女装男子」4選
ショタBL初心者にも!BL書店員が選ぶショタBL漫画8選
羊の皮を被った悪魔か神の使徒か『幼女戦記』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
出版業界の最前線を鋭く描く『でんしょのはなし』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー